test

こんにちは。 デザイン営業部の酒井です。 今回は、2017年7月20日に信濃毎日新聞さんに掲載していただいた記事の関連情報をご紹介します。 (信濃毎日新聞 2017年7月20日記事) 今回の新聞記事の取材を受けるにあたりご協力いただいたのは、早稲田大学の門の真前に明治38年から営業している高田牧舎さん。 記事にもあるように、改装後は客層も変わったとのお声を頂いています。 高田牧舎のメニューは、喫茶としての利用はもちろ» 続きを読む

FullSizeRender 2

山翠舎へ外部講師をお招きして、 開業者や飲食店経営者の方へ向けたセミナーを開催しております! 9月のセミナーは、 株式会社OAGコンサルティング様を講師にお迎えします。 お店の経営をしていく以上、得意、不得意にかかわらず 数字と向き合う機会が多々生まれます。 だからこそ!数字を武器にした繁盛店がつくれたら?! 今回はそんなノウハウをお伝えいただきます。   セミナー内容 【数字を武器にした繁盛店のつくりかた» 続きを読む

IMG_2555

「フースタ繁盛ゼミ」は、フードスタジアム株式会社の主催する よりハイレベルな店、会社、人づくりを目指す飲食店経営者のための勉強会。 (フードスタジアム主催セミナー・フースタゼミ オフィシャルサイトはこちらhttp://seminar.food-stadium.jp) 今回は、9/11に開催されたvol.12 『店舗力』で勝つ!店づくりは人づくり」~ガンさんとその卒業生たち~ 世界から注目浴びる居酒屋オーナー、ベイシッ» 続きを読む

IMG_0542

山翠舎では外部のインテリアデザイナーさんや設計事務所さんとのコラボレートも積極的に行っています。独特の味わいや温もりを空間づくりに取り入れるために、「古木を使いたい」と、ご相談をいただくケースが増えているのです。 古木の魅力や新たな資源としての価値を多くの人たちに広げていきたいと考えている私たちにとっては、大変歓迎すべきことで、ありがたく思います。 山翠舎は創業以来90年近く、建具屋から始まり施工のみを請け負ってきた» 続きを読む

古民家

  古木に興味がある方はもちろん、大規模な古木を使った空間づくりを検討中の事業者様にぜひご活用いただきたいのが、古民家を移築・再生した店舗づくりです。そのためには、要望を実現できる最適な古民家を見つけ、それを買い取るフローが必要不可欠です。 この部分が円滑に進まなければ、古民家の移築・再生はなかなか前に進みません。そこで山翠舎では、本年9月に、古民家の所有者と活用希望者を結ぶマッチングサイトを開設します。 » 続きを読む

u3xZmiVuzwdfVI6S

自然素材の温もりで 「居心地のよさ」を演出 店舗づくりでは“居心地のよさ”を演出することが大切です。居心地のよさを実感した多くのお客様は、お店にとって大事なリピーターになってくれるからです。 居心地のよさを感じさせるポイントは、木材をはじめとした自然素材の使い方にあります。具体的には、テーブルやイスなどお客様が触れる部分に無垢の木材を使う、あるいは壁を漆喰仕上げにするといった方法があります。温もりを感じさせる本物の木» 続きを読む

20170601171328130 (1)-2

これまで、多くの店舗の全面改装を行い、実に多種多様な飲食店を見てきました。その中で不思議なのは、オーナーの人柄も良く、料理やお酒も美味しいのに、改装前は客足が伸びず悩んでいたというお店がたくさんあったことです。要するに、ポテンシャルは非常に高いのに、山翠舎で改装するまでは、なぜか繁盛していなかったお店です。 だからこそ、印象的で心地いい内装が大切であると考え、ご提案しているわけですが、それと同じくらい大切なのが、暖簾» 続きを読む

eGGxDjj2aWG2nENT

飲食店のカウンターづくりでは、4つのポイントを押さえる 意外に見過ごされがちですが、カウンター席のつくり方は、店舗の売り上げに大きく影響します。とくに面積が10坪前後で、多くても20人以内のお客さんしか着席できない飲食店で、カウンターがメインスペースのお店の場合、「どんな店にしたいのか」という店主の想いを、カウンターのつくり方に反映することが大切です。お客さんはそのカウンターで、自分にとって居心地がよい店かどうかを判» 続きを読む

観光客向けのお土産店をこれまで100店舗以上展開してきた「株式会社マツザワ」さん。長野県で初出店となる「信州くらうど」は、「発酵と蔵」をテーマに、今までにないコンセプチャルな店舗デザインを目指して動き出したプロジェクトでした。出店場所は、お土産店がひしめき合う、長野駅のステーションビル「MIDORI」内。 「地元の長野県にあり、印象的な空間デザインを提案する会社」に絞って、数社検討する中でお声掛けいただいたのが、私た» 続きを読む

新潟県との県境にある長野県安曇郡小谷(おたり)村には、山翠舎の古木を使った施工店舗・第一号店の「道の駅おたり」があります。1999年に村営(第三セクター)の施設として開業し、その後2009年に山翠舎の施工によりリニューアルオープン。 「道の駅おたり」をオープン以来18年間責任者の立場で見てきたのが、現・代表取締役の幾田美彦さん。今回は幾田さんにお時間をいただき、リニューアルの経緯や現在の店舗の状況について、お話を伺い» 続きを読む

20170602産経新聞長野版 (山翠舎)

山上です。 今回は記事ではなく,メディア掲載事例の紹介です。 本日,2017年6月2日の産経新聞長野版に山翠舎が掲載されました。ご紹介いただき感謝します。   集客力について,常々考えております。 お店の入り口,ファサードをどうするかなど,呼び込むことを考えがちですが,まずは,その空間にいる人の居心地を考えてみてはいかがでしょうか。 そこにいる人がいかに居心地がよくなるかを考えるということです。 それには,» 続きを読む

0056

山上です。 今日は,お店づくりで成功させるポイントについて書きます。 うまくいく人といかない人は何が違うのだろうかと考えました。 お店づくりはオーダー(特別注文)である点で整理すると,そのポイントがわかってきます。 今,世の中ではパターン化,規格化の流れがあります。 例えば,家電量販店でエアコンを注文したりすると,工事日や,購入の仕方などルールが決められていて,その中で,選択するように求められます。私たちお客様はその» 続きを読む

物件調査の写真

こんにちは。山上です。 物件を申し込む時,そして,その物件を契約する時,その物件で本当に良いかどうか,悩まれると思います。 そんなとき,今から申し上げることを頭の片隅においていただければ,よろしいかと存じます。   過去,退店してしまう物件に立ち会うことがありました。 それ以前に大家さんと直接会話する機会がありましたが, なぜ,直接会話する機会があったかというと,においや音についてのクレームを多くおっしゃる» 続きを読む

「南青山ひふみ」加藤寛史オーナー

皆さん,こんにちは。 山上です。 今回は,弊社が行っている開業支援サービス「開業の窓口」のサービスのご案内となります。 弊社では、日常的に無料相談会だったり、開業の相談、物件相談を承っております。 その際に,資金調達は税理士事務所さんだったり、融資コンサルに お願いしているとの声を聞きます。 恐らく、税理士事務所さんだったり、通常の融資コンサルは、 銀行融資のみのコンサルだけです。目標金額に届かなかった場合も。 足り» 続きを読む

物件情報

みなさん、こんにちは。山上です。 本日は,解約予告物件という物件情報をご紹介いたします。 飲食店出店の悩みは幾つかあると思いますが、一番よく相談されるのが【物件】です。 みなさん口を揃えて、【物件がない】と言います。 ただ、出店されている方がいるということは物件はあるんです。 その情報を取るにはどうすればいいのか? ということで,山翠舎がご提案するのは・・・ 【情報を一歩先、半歩先に獲得する】ことです! 出店希望地域» 続きを読む