良い物件の必要条件をお伝えします!

こんにちは。山上です。

物件を申し込む時,そして,その物件を契約する時,その物件で本当に良いかどうか,悩まれると思います。

そんなとき,今から申し上げることを頭の片隅においていただければ,よろしいかと存じます。

 

過去,退店してしまう物件に立ち会うことがありました。

それ以前に大家さんと直接会話する機会がありましたが,
なぜ,直接会話する機会があったかというと,においや音についてのクレームを多くおっしゃる方でした。

そんな話の中で,なんと,店子さんには早く出てってほしいと平気でお話されるような方でした。

それでいいのかと疑問に思いましたが,結局,そのお店は退店になりました。

 

一方で,大家さんが,店子さんのお店にしょっちゅう顔を出す(食べに来てくれる)ような場合は,長くお店が続いているように感じます。

 

以上のことで,私はあることに気づきました。

 

大家さんが応援してくれるような物件は良い物件。

大家さんが非協力的な物件は良くない物件。

という法則です。

 

応援してくれる物件であれば,こちら側がお金がなかったとして,フリーレントや工事負担金について,相談にのってくれます。また,工事金額についても,大家さんのほうで,補助していただけることが多いです。

 

非協力的な物件は,看板工事で問題が起きることが多いです。

大家さんが最上階に住んでいる場合が多いのですが,商業施設のビルにもかかわらず,躯体に穴をあけることに対して過敏な条件をつける場合が多いです。こういったケースでは,のちのち,店子と関係が悪化する場合が多いように思います。

商業ビルなのだから,店子が繁盛できるように看板工事も協力して差し上げればと思うのですが。。。

協力的な大家さんでしたら,よりお店がアピールできるような看板をつけられることが多いですね。

 

大家さんが協力的な方であれば,ご自身でも足を運んでいただけますし,いろいろな方を連れてきていただけるかと思います。

その他,いろいろな出来事が,協力的か非協力的かで整理することができます。

 

物件で,ここに決めようかの判断基準としては,大家さんはどういう方なのかを見極めるということが大切です。

これが必要条件だと考えています。

 

 

 

物件調査の写真

物件調査の写真

この物件調査では,大家さんとご挨拶させていただきました。この地域に良いお店がほしい,そのためにこの物件で飲食店を是非やってほしいという気持ちが感じられました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です