【保険について考える①】 店舗経営中の事故と、支払われた保険金の例を紹介!

shutterstock_445284196

店舗づくりは、不動産探しから始まり、資金計画、融資の締結、明確なコンセプトづくり、そして設計・デザインを経て、ようやく完成を迎えます。そこに至るまでに必要なさまざまな要素は、このコラムでも、数多くをご説明してきました。

今回のテーマは、開業の準備と並行して、ぜひ考えていただきたい「保険」についてです。あまり考えたくはない話ですが、あらゆるリスクに備える保険は、安定した経営を裏から支える「安心材料」として、非常に大切です。

本コラムから3回に分けてご説明・ご紹介したいと思います。その第1回目となる今回は、気になる事故内容と、支払われた保険金の例です。

※記事制作協力:株式会社セーフティーネット


具体的にどんなリスクがあり、保険に入ることでどのくらい補償されるのか?

ここでは、店舗経営の中に、実際に起こった事故事例を紹介します。さらに、その時に支払われた気になる保険料についても解説していきます!

まずは、リスクの代表例である、火災のケースです。

【事例1】────────────

テナントで営業していた店舗の煙突から失火してしまい、建物の復旧費を家主から賠償請求された。

●支払保険金→約1400万円

「火災」をはじめ、「水道管の破損」「漏水」「漏電」はリスクの代表例です。家主との賃貸契約によって、自分が借りている空間で発生した事故は、借主の責任となります。そのうえ、店舗の焼失はもちろんですが、インフラ関係の事故は、店舗を閉鎖して復旧しなくてはいけないケースが多いため、経営にとっては大変な損失になります。

shutterstock_575363944

次は、季節や天候に起因した事例です。

【事例2】────────────

解けた雪が凍りつき、落下する際ネオンサイン管も一緒に落下させ破損。

●支払保険金→約20万円

shutterstock_125187011

【事例3】────────────

真夏の飲食店、業務用の冷蔵庫がオーバーヒートし、機能停止。冷蔵庫のコントロール基盤を交換した。

●支払保険金→約8万円

ここ最近の異常気象で、首都圏でも突然の大雪にみまわれることがあります。事例2のような現象とは、今まで無縁だった地域でも起こる可能性が十分考えられます。事例3では、商品原材料の保険に未加入だったため、冷蔵庫内の材料は「対象外」となってしまいました。

この他、店舗に訪れたお客様による破損事故も発生しています。

【事例4】────────────

店舗内水洗トイレの水槽が酔っ払いに割られ床等張替、便器の取り付けが必要となった。本来は加害者に損害賠償すべき事案だが、特定できず。

支払保険金→約30万円

1shutterstock_115793011

【事例5】────────────

VIPルームで行われたパーティーで、ジュークボックスが壊された。泥酔客で犯人不明となる。現在も調査中であるがとりあえず修理が必要。

●支払保険金→約30万円

【事例6】────────────

店舗外に出していたピエロの看板が深夜、酔っ払いに壊された。

●支払保険金→約50万円

お酒を出す店舗にとって、酔っぱらったお客様による事故は、切っても切れない事案です。犯人探しや、お客様に対しての賠償請求も結構ですが、まずは、店舗を復旧して正常な状態に戻さなくてはなりません。

また、まったく予期せぬ事故で店舗に損害が発生するケースもあります。例えば、盗難や交通事故による損害です。

【事例7】────────────

深夜、無人の店舗に自動車が突っ込みガラス、店舗内楽器が破損し、ドライバーは逃げた。

●支払保険金→約250万円

【事例8】────────────

深夜、店舗に泥棒が侵入し、室内を土足で汚した挙句レジをこじ開け、翌日の釣銭約5万円を盗まれた。

●支払保険金→約7万円

shutterstock_556768636

まずは、従業員やお客様にケガがなかったことを喜ぶべきでしょう。ちなみに、空き巣の検挙率は50%~60%と言われています。仮に検挙できたとしても、犯人に支払い能力があるかどうかは疑問です。

 

ここまでご紹介した事例は、言うなれば、お店側は何も悪くない「被害者」の場合がほとんどです。もちろん、排水管のつまりや、換気扇のメンテナンス不足による漏水・失火はオーナー様にも責任はあります。

起きた事故の原因究明は大切ですが、何よりも必要なのが、速やかにお店を元通りにして、通常営業を再開することです。そうした時に、速やかに支払われる保険金が役に立ちます。

万が一、保険に入っていないと考えると…。どんな繁盛店でも状況によっては、店舗の経営が困難になってしまいます。

ちなみに、ここで紹介している保険内容の掛金については、個社ごとに差はあれど、ごく一般的な金額のものばかりです。特段、多額の保険金をかけている事例ではないことを、付け加えておきます。

次回は、お店側が予期せず「加害者」になってしまい、賠償請求されてしまった実際の事例をご紹介したいと思います!

続きはこちらです↓

【保険について考える②】 店舗経営中の賠償請求事例と保険の悩みを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です