山翠舎

施工事例・お客様の声

釜炊バル 食堂

酒嚢飯袋

しゅのうはんたい
このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに多くの施工写真を高解像度で
ご覧になりたい方は山翠舎Web会員へ
ご登録ください

会員登録すると、他にもこんな特典が

  • 最新の物件情報など、会員限定の
    情報をメールで定期的に配信
  • 施工部位など、施工写真をより細かく
    絞り込み検索できます。

山翠舎に依頼するまでの経緯は?

「こんなお店にしたい!」というイメージは自分の頭の中にかなり明確にあったのですが、正直なところ、どこのどんな会社がそれらを具体化してくれるのかまではわからなくて、ほうぼう探していました。そんな折、たまたま立川で通りがかった山翠舎施工の蕎麦居酒屋「あかつき」を見て「これは理想どおり!」とピンときたんです。

一見すると何屋かわからないという造りが気に入ったんですよね。お客様に何屋と決めてもらえればいいというか、そんな店にしたかったもので。コーヒーだけ、ランチだけ、お酒だけでもOK。終日通し営業しているのもそんな思考の表れです。オープンから一ヶ月経った今、自分が描いていた通りの店になったことを実感しています。

実際、この内装には助けてもらっていますよ。

ドアノブがシャモジ型だったり、外壁が羽釜のタイル画だったりと、外装では「当店は釜炊きご飯の店です!」としっかり主張しながら、一歩中に入ると良い意味でそれを裏切るカフェ風のカワイイ空間ですから。あえてザ・居酒屋の雰囲気を外したことで様々なお客様にご来店いただいています。

やりたい店のイメージがかなり明確だったそうですね。

山翠舎にはどのようなリクエストをしましたか?

木を使った温もりのある店を依頼しました。お客様も大切ですが、変な話、この空間で一番長く過ごすのは自分じゃないですか?なので、まずは自分が心地良くて、それに共感してくれるお客様に集ってもらえればいいなと思ったんです。お陰様で木の温もりに囲まれてとても落ち着いて仕事ができています。

内装で特に気に入っている箇所は?

壁面を生かした棚ですね。デザイナーさんに店内に雑誌や愛読書を置きたいという話をチラっとしたところ提案いただきました。お客様との会話の糸口になったり、ならなかったり(笑)。ディスプレー的にもいいアクセントになっています。

お客様からの感想は?

とにかく皆さんに「カワイイ!」と褒められます。昔から僕のキャラクターをよく知っている友人、知人からは「なんでこんなカワイイ空間にしたの?」なんて言われますが(笑)。メインの客層は30~40代。圧倒的に女性が多いです。

山翠舎の対応はいかがでしたか?

親身に話を聞いてもらいました。初開業だったので経営のノウハウなども伝授していただき、めでたく出店できたのは山翠舎の皆さんのお陰だと思っています。

お店のPRをどうぞ!

業態不明のこのカワイイ空間で、本釜で炊き上げた美味しいご飯と日本酒を楽しむことで、日本人であることの喜びを再確認して、笑顔で帰っていただければ幸いです。

現在、提供しているお米は絶滅寸前と言われているササニシキです。今後も全国選りすぐりの美味しいお米を取り寄せて皆様にお届けします。

オープンから約4年半の2017年5月。運良く当日予約ができたので訪問すると、たくさんのお客様で賑わっていました。開店当初以上に料理の品数・取り扱うお酒の数も増え、黒板をはみ出すほど!
店内はお酒や料理を楽しみながら語り合うお客様で賑わっていました。

お店の名前の意味と、なんでその名前にしたのかを教えてください!

このお店を始める前に、いろんなお店で修行をしたんです。例えば銀座の会員制の店や、鍔のひろーい帽子をかぶったマダムの来るようなお店とか。そこでの経験はとても勉強になりましたが、自分は楽しいと思えませんでした。自分のお店をやるからには、自分の好きな人たちの集まってくれる場でありたい。

だから、美味しいものをお腹いっぱいたくさん飲んで、たくさん食べられるようなイメージの言葉を探していました。

「酒嚢」は、酒を入れる革袋、「飯袋」は、ご飯を入れるおひつのこと。大酒を飲み、飯をたらふく食べる、そんな四字熟語を店名にしました。

最初の店名は「食堂 酒嚢飯袋」だけにしようと思っていたのですが、デザイナーさんから『その名前だと中華料理屋のような印象を受けるのではないか?』とアドバイスをもらいました。

それで、当時流行り始めていた「バル」も店名に足して、「釜炊バル 食堂 酒嚢飯袋」となったんですよ。

雑誌や写真集なんかは見慣れていますが、居酒屋に小説が並んでいてびっくりしました。どんな意図で小説を置くことにしたのですか?

始めたばかりの頃は今よりもっと静かで、一人のお客さんもおおかったんです。その時にはたまに小説を手に取るお客さんもいましたね。

でも、今は雑誌くらいしか手に取る人くらいしか見かけなくなりました。

お店の情報

酒嚢飯袋

東京都品川区上大崎2-26-5 メグロードビル 2F

03-6417-4221

2012年12月 開店

http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13151263/

営業時間 [月~金]12:00~14:00(飯切御免)18:00~23:00
[土] 17:00~23:00
ランチ営業、夜10時以降入店可
定休日 日曜・祝日

7.5坪

周辺の施工実績

無料相談会のご案内

×

山翠舎Web会員になると
こんな特典があります

  • さらに高解像度で多くの
    施工写真をご覧いただけます
  • 非公開情報や山翠舎の
    お店づくりをメールで配信
  • 施工部位などの細かい条件で
    施工写真を絞り込み