山翠舎

動画はこちら
  • 開業の窓口
  • 古民家の移築・再生
  • 無料相談会
  • オーダー家具
  • 古木の販売

コラムコラム

  • ここには気をつけたい!「店舗の内装・外装の重要ポイント」自然素材の温もりで 「居心地のよさ」を演出 店舗づくりでは“居心地のよさ”を演出することが大切です。居心地のよさを実感した多くのお客様は、お店にとって大事なリピーターになってくれるからです。 居心地のよさを感じさせるポイントは、木材をはじめとした自然素材の使い方にあります。具体的には、テーブルやイスなどお客様が触れる部分に無垢の木材を使う、あるいは壁を漆喰仕上げにするといった方法があります。温もりを感じさせる本物の木<a class="more-link" href="https://www.sansui-sha.co.jp/column/?p=414">» 続きを読む</a>

  • 繁盛店には必要!?店舗の特徴を正確に伝える「グラフィックデザイン」これまで、多くの店舗の全面改装を行い、実に多種多様な飲食店を見てきました。その中で不思議なのは、オーナーの人柄も良く、料理やお酒も美味しいのに、改装前は客足が伸びず悩んでいたというお店がたくさんあったことです。要するに、ポテンシャルは非常に高いのに、山翠舎で改装するまでは、なぜか繁盛していなかったお店です。 だからこそ、印象的で心地いい内装が大切であると考え、ご提案しているわけですが、それと同じくらい大切なのが、暖簾<a class="more-link" href="https://www.sansui-sha.co.jp/column/?p=386">» 続きを読む</a>

  • 【成功のヒント】お店のコンセプトに合った「カウンターづくり」飲食店のカウンターづくりでは、4つのポイントを押さえる 意外に見過ごされがちですが、カウンター席のつくり方は、店舗の売り上げに大きく影響します。とくに面積が10坪前後で、多くても20人以内のお客さんしか着席できない飲食店で、カウンターがメインスペースのお店の場合、「どんな店にしたいのか」という店主の想いを、カウンターのつくり方に反映することが大切です。お客さんはそのカウンターで、自分にとって居心地がよい店かどうかを判<a class="more-link" href="https://www.sansui-sha.co.jp/column/?p=370">» 続きを読む</a>

  • ステーションビルで1位・2位の売上を競うお土産店。古木で「発酵と蔵」をテーマに店舗づくり観光客向けのお土産店をこれまで100店舗以上展開してきた「株式会社マツザワ」さん。長野県で初出店となる「信州くらうど」は、「発酵と蔵」をテーマに、今までにないコンセプチャルな店舗デザインを目指して動き出したプロジェクトでした。出店場所は、お土産店がひしめき合う、長野駅のステーションビル「MIDORI」内。 「地元の長野県にあり、印象的な空間デザインを提案する会社」に絞って、数社検討する中でお声掛けいただいたのが、私た<a class="more-link" href="https://www.sansui-sha.co.jp/column/?p=339">» 続きを読む</a>

コラムをもっとみるコラムをもっとみる

施工事例・お客様の声施工事例・お客様の声

ページを更新すると写真が切り替わります

施工事例をもっとみる施工事例をもっとみる

飲食店開業をお考えの方へ飲食店開業をお考えの方へ

店舗デザイン・設計・施工だけでなく、お店づくりの開業から運営までサポートいたします。

  • 開業の窓口
  • 無料相談会のお知らせ
  • 飲食店開業でお悩みの方は今すぐお電話を飲食店開業でお悩みの方は今すぐお電話を
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

スタッフブログスタッフブログ

  • 長野市で施工中♬

    Jul 06,2017 竹内恵子

  • 第一回 店舗交流会の報告

    May 23,2017 酒井香菜子

  • 【6月開催】外部講師をお招きするセミナーのお知らせ

    May 18,2017 酒井香菜子

  • 5月の店舗交流会のお知らせ

    May 18,2017 酒井香菜子

スタッフブログをもっとみるスタッフブログをもっとみる